子どもの虫歯と歯磨き

乳歯の虫歯が永久歯に与える影響

乳歯の虫歯が永久歯にまで影響する

*乳歯の虫歯は抜ければ終わりではなく、根元に残る
乳歯の虫歯は気づきにくいものです。気づいたときには穴がだいぶ大きくなっていて、そこに食べ物のカスが詰まって炎症を起こし、歯茎が腫れて、痛がるようになります。

大人の場合、虫歯になった部分が黒く変色したり、初期段階でも痛みを感じたりするので、虫歯に気づくのも早いのですが、乳歯は虫歯の部分も白いままなので、気づきにくいのです。
さらに、子供は痛みの感覚もまだ十分に発達していないので、かなり進行するまで、痛がらないことも多いのです。

虫歯が進行すると、歯の根の部分にまで虫歯菌が到達し、溜まります。
そこへ生えてくるのは、虫歯になりやい永久歯、ということになります。

*乳歯の虫歯は永久歯の歯並びにも影響する
歯というのは、常に手前に動こうとします。
歯が生え揃っていれば良いのですが、抜け落ちているとスペースができるので、そこへ奥の歯が移動してしまうのです。

乳歯から永久歯へ生え変わるとき、通常なら、生えてきた永久歯に押し出されるようにして、そこにある乳歯が自然に抜けます。
しかし、乳歯が虫歯になって早くから抜け落ちていると、奥に生えてきた永久歯が、手前の空いているスペースへ向かって斜めに生えてきたりするのです。

その結果、歯並びが悪くなる可能性があります。

*しっかり噛めないと発育にも影響します
虫歯が進行して痛みを感じるようになると、きちんと噛めないので、反対側の歯だけを使って食事をしたり、柔らかいものばかりを食べるようになったり、よく噛まずに飲み込んでしまったりします。食欲自体が低下してしまうこともあります。
すると、発育や、将来の健康にまで影響が及びます。

子供の歯磨きについて困っている方はこちら。

Copyright © 乳歯の虫歯が永久歯に与える影響. All rights reserved.